« スペース、はじめました。 | トップページ | 「やれることは全部やる」 »

2022年9月28日 (水)

「ブレット・トレイン」は原作読んでから見に行くとさらに面白い。

Img_5292

 

昨日は7時まで寝ていたので、

出社前に書いているこのブログは書けないままに出社。

前の日、寝るのが遅かったものですから。

 

このところ、じわっと忙しくなっているような感じです。

文庫の編集に加えて、ひすいこたろうさんの新刊の販促があるので。

新刊の販促、楽しいからいいんですけどね。

 

で、時間はないのですが、それでも週に1本くらいは映画を見たいわけでして。

先日、「ブレット・トレイン」を見てきました。

 

伊坂幸太郎さんの『マリアビートル』が原作。

新幹線車中を舞台にしたサスペンスです。

 

原作を読んでから見に行ったんですが

(時間、あるじゃないか)

基本線はほぼ同じものの、細かいところがだいぶ違います。

真田広之、原作はもっと違う感じなんだけどなあ。

奥さん途中で死んじゃうのねえ、とか。

 

伊坂さんの小説の特徴だと思っている、

登場人物たちの会話量の多さ。

これが減っているのはしかたないとして、

ラストにはびっくり、でした。

 

ちょっと荒唐無稽と言いましょうか、

こうするのかあ、という感じ。

たしか、アニメの方の名探偵コナンのラストで、

これに似たのがあったはず。

 

つまり、それだけ漫画的というか、

ギリギリ、リアルな世界線から逸脱してるというか。

 

そこも含めて、面白いんですけどね。

 

伊坂さんの原作、読んでいて良かったです。

読んでなかったら、

「今回の伊坂さん、こうなっているのか」

とかなり驚いたと思うので。

 

というわけで、原作を読んでから見ると、

いろいろニヤニヤできる映画でした。

« スペース、はじめました。 | トップページ | 「やれることは全部やる」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スペース、はじめました。 | トップページ | 「やれることは全部やる」 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31