« 正しい知識を持った人が熱量をもって動けば1日でこれだけできるのか! | トップページ | 丸善お茶の水店さんで『1日1分!英字新聞』が売れてます! »

2022年9月12日 (月)

立川吉笑さんのビデオレターでツイッターの重要性を学ぶ。

Img_5193

 

前回の記事で、落語に関するクラファンのことを書きました。

ミュージック・テイトという落語専門CDショップが始めたクラファン。

その手伝いとして頑張っている立川吉笑さんがすごい、

という話なんですが、本日はその続き。

 

落語関係の話は落語ブログ(落語の話はどこからでも始まる)に書けよ、

と自分でも思うのですが、今回も、マーケティングの話っぽいので、

こっちのブログに書きます。

 

で、今回も立川吉笑さんの話。

 

実は吉笑さん、ミュージックテイトの店長さん宛てに、

クラファンに関するビデオレターを撮り、

それをネット上で販売してるのです。

売り上げは全て、ミュージックテイトのクラファンに回すとのこと。

2022年9月14日までしか見られないそうなんですが。

 

で、思わず購入して見てみました。

 

ここで語られているのは、主にツイッターの使い方。

クラファン成功にいかにツイッターが大事か、

という話で、なるほど! と思ったのですが、

見終わって、「これって本の販促にも使えるのでは?」と思ったのです。

 

クラファンと本の販売ではいろいろ違いすぎるところがありますが、

その存在を知ってもらわないことには始まらない、

という点は一緒。

そして、そう考えると、真似できるところもあるのではないか、と。

もうすぐ出る新刊の販促で、やってみるべき。

と思ったのです。

 

ただ、その場合は

専用のアカウントを作った方が良さそうなんですよ、たぶん、

個人アカウントだと、新刊以外のこともつぶやいてしまうから、

よろしくないみたい。

 

ううむ。

うまく展開できるかなあ。

フォロワー数が少なかったら、

その新刊の著者さんに申し訳ないし。

 

ただ、著者さんは

LINEやYouTube、facebookでの情報発信はされてますが、

ツイッターはなさってないみたいだから、

(ん? やってたかなあ)

ツイッターで編集者が情報発信することは意味があるはずで。

 

ううむ。

まずは著者さんに相談してみましょうかね。

 

そして、落語ブログも更新しなくては。

 

 

 

 

 

 

« 正しい知識を持った人が熱量をもって動けば1日でこれだけできるのか! | トップページ | 丸善お茶の水店さんで『1日1分!英字新聞』が売れてます! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 正しい知識を持った人が熱量をもって動けば1日でこれだけできるのか! | トップページ | 丸善お茶の水店さんで『1日1分!英字新聞』が売れてます! »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31