« 「ルポ 誰が国語力を殺すのか」における絶望と希望 | トップページ | 「ブレット・トレイン」は原作読んでから見に行くとさらに面白い。 »

2022年9月26日 (月)

スペース、はじめました。

Img_5289

 

土曜の夜に、スペースをやってみました。

ツイッターの機能の一つで、

ツイッターをやっている人だったら簡単に始められる、音声配信サービスです。

 

こういうサービスが始まったことは知ってましたが、

これまで、発信はもちろん、聴くことすらしてませんでした。

テキストだけでいいや、というのがその理由です。

 

ところが、金曜だったかな、立川吉笑さんのスペースを聴くことに。

いま、新宿の演芸専門CDショップ「ミュージック・テイト」が

再建のためのクラファンをやってまして、

吉笑さんがその協力、というか、知恵袋的な存在になってるんですね。

で、現状報告的なことをスペースでやるとのことで、

スマホで聴くことにしたのです。

 

聞いてみて思ったのですが、食わず嫌いはよくないですね、本当に。

スペース、実に簡単です。聴くのはもちろん、おそらく喋るのも。

で、聞いている人はスタンプ的なもので、

これまた簡単に気持ちを表明できる。コメントを書くこともできる。

 

これは面白そうだわ、ということで、翌日の土曜の夜に、

自分もやってみることに。

案の定、簡単でした。

「よし、今夜やろう」と決めてその決意表明をツイートしたのが、

その日の午後9時。で、午後11時から開始。

そのくらい簡単なんですよね。

 

録音をツイッターのタイムラインにおいておくこともできます。

私の記憶では、リアルタイムでは24人くらいの人が聴いてくださったと思うのですが

(終了直後にそういう数字が出てました)

(喋っているときはもっと少ないように思ってました)

(おそらくちょっとだけ聴いてすぐに出て行った人も)

今見てみたら44人になってました。

20人ほどの人が、録音を聴いてくださったのではないか、と。

この辺はよくわかってませんけどね。

 

スペースを始めた理由の一つとして、

最近始めた、新刊プロモーション用アカウントのフォロワーを増やしたい、

というのがあります。

で、こちらがじわっとですが、増えてるんですよね、ありがたいことに。

私自身のフォロワーさんも増えてます。

 

なにより、週に1回、自分の仕事を音声で振り返るのって面白い。

というわけで、しばらく続けてみようと思います。

 

あ、そうそう、喋るのは簡単ですが、一応、スマホでメモを作っておきました。

文字通りのメモですが、自分の備忘録として、貼っておきますね。

(ここから)

今日はお試し30分

スペースを知った経緯 ミュージック・テイトのクラファン、立川吉笑

知ってはいたが手を出さず、クラブハウスみたいかなあ

面白そうなことはまずやってみる、というのをポリシーにしたい ポッドキャスト、ブログ、ツイッター、フェイスブック
とりあえず続ける mixiは続けられず 他に面白いのが出てきたから
スペースも続けたい、毎週土曜日の夜かなあ


今日は印象的な1日 ずっと編集していた本が今日から予約可能 落語会のはしご、立川寸志ねたおろし、昔昔亭昇独演会

ひすいさん、最初の本が2011 単著ものの見方検定が2014 その後ようやく出せたのがこの本 定年前に出しましょう、ということでやっと出せた 

ひすいさんの熱量 7回書き直し さらにゲラにして3回チェック

その熱量に応えたい それはつまり重版
面白いと思ってけれた販売部が取次、書店に再度動いてくれて注文を積み直し、発売前重版に。これは販売部のおかげ。
編集もがんばりたい。
その一環として、ツイッターアカウントを作って地道に呟いている、「ひすい先輩、幸せになる伝え方を教えて2022年10月3日発売

これに関しては、ひすいさんのメルマガでつぶやいてほしい
あと、このアカウントでスペースもやりたい
今日はその稽古
吉笑さんが、テイトは今回のクラファンの前に小さなクラファンをやるべきと言っていた。

落語会の件。
寸志さん。元雑誌編集者。ベネッセかな。
卵クラブヒヨコクラブの名付け親。
動画が面白かったので今回見た

昇さん。ポッドキャストに出てくれた。
はじめての独演会。客が若い。成金の次がカデンツァで。その次がルートナイン。その中新メンバー。紺屋高尾で「親方」を「おやたか」と言い間違えるくすぐり。昇さんらしい。しんみり聴かせるところは聴かせる。
東京かわら版検索すべき一人に。

自分も落語会の稽古
明日はお仕事、献本が続く

 

 

« 「ルポ 誰が国語力を殺すのか」における絶望と希望 | トップページ | 「ブレット・トレイン」は原作読んでから見に行くとさらに面白い。 »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ルポ 誰が国語力を殺すのか」における絶望と希望 | トップページ | 「ブレット・トレイン」は原作読んでから見に行くとさらに面白い。 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31