« ポップ投函、終了! | トップページ | シンプルな仕事は、まず「1時間の仕事量」を調べる。 »

2022年10月27日 (木)

『自分の時間』を読んで毎朝の習慣を反省しました。

35b1d1a1f11c4e28933a7bb399f56144


書店で見かけて思わず買いました、『自分の時間』1920年に出版された、時間管理本の古典的1冊、だと思います。


渡部昇一先生訳と解説で、佐藤優氏が推薦文。これだけで説得力があります。古典的1冊という気がします。


それに、このところ時間の使い方が下手だなあと思うことがしばしばあり、こういうテーマが気になっていたんだと思います。


この本を読んで一番印象的だったのが「電車の中で新聞を読むのは、もうやめようではないか」というフレーズ。


私は朝の電車で新聞を読むのが習慣なので、うわ、どうしよう、と思ったのでした。家を出る前に読めばいいのですが、そうするとブログ書けなくなるなあ。


他にも印象的だったフレーズを書いておきます。


「時間というのは前借りして浪費することができない。」


「その気になればいつからだって新規巻き返しができる。」


「頭の中に内なる1日を作る。」

(補足しておきます。会社が終わってから次の日の朝会社が始まるまでの、約16時間のことを指しています)


「一晩おきに1時間半、何か精神の向上になるような意義のあることを、継続してやってみてはどうだろうか。」


「毎日休まずに自分の計画したことを推進せよ」


「家を出たらひとつのことに思考を集中してみる」


時間管理は、永遠の課題だと思います。だからこそたくさんの本が書店に並んでいるわけで。


その中で、この本はおそらく古典に近いんだと思います。折につけて、読み直してみたいと思います。


それにしても。

電車の中では新聞を読まないのかあ。

これ、どうしようかなぁ。


« ポップ投函、終了! | トップページ | シンプルな仕事は、まず「1時間の仕事量」を調べる。 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ポップ投函、終了! | トップページ | シンプルな仕事は、まず「1時間の仕事量」を調べる。 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28