« ここで誤字を見つけるのは運がいいのか悪いのか | トップページ | 杉浦さやかさん『きもちを贈る」は読んでいて楽しくなる本です。 »

2022年11月24日 (木)

「RRR」は期待値を軽々と超える娯楽大作。

Unknown_20221124064301

 

仕事が一段落したので、ようやく見に行けました、「RRR」。

インド映画です。3時間の大長編。

さすがに、会社帰りにぼんやり見るには長すぎます。

というわけで、勤労感謝の日の昨日、見に行くことに。

 

史実とは異なるところが多々あるらしいですが、

インド建国の英雄2人が主人公とのことで

日本でいうと西郷隆盛と大久保利通のような感じなんでしょうかね。

 

インド映画といえば歌と踊り、という印象が強いです。

この作品でも前半にコッテリとした歌と踊りのシーンがありますが、

ストーリーと密接に関わっています。

突然踊り出すわけではないです。

さらに、終わった後に明らかに疲れてます。この辺の描写が面白い。

 

本作はそれよりも、話の展開と映像が圧倒的に凄い。

主人公の2人は、反体制派の人物と優秀な警察官。

普通であれば友達になりづらいのですが、

小さな男の子を共同で助ける、ということになり、

そこから無二の親友となる。

しかし、中盤で警察官という正体が判明し、相手を捕まえることに。

 

2人の友情はどうなるのか、

和解できるのか、

そして反体制派の人物は目的を達成できるのか、

という興味でグイグイ引っ張ります。

おお、こうなるのかあ、という感じ。

そして映像のど迫力。

上記の、男の子を助けるシーンで圧倒されますが、

それは序の口でして、さらにいろいろと圧倒されます。

肩車アクションシーンが、バカバカしいけれど、面白い。

 

で、最終的にハッピーエンドで終わり、

主役たちの歌と踊りでエンディング。

この途中で、おそらくは建国に関わったインドの著名な人物たちが、

イラストで出てきます。

インドの映画館では、ここ、すごく盛り上がるんだろうなあ。

映画は娯楽だ、ということを強く感じる1本です。

 

それにしても。

娯楽映画の面白さを説明するのって、難しいわあ。

文字で説明するより、見に行くのが一番ですから。

これは、面白い本を説明するときと一緒だなあ。

 

ともあれ。

見に行けて、よかったです。

 

« ここで誤字を見つけるのは運がいいのか悪いのか | トップページ | 杉浦さやかさん『きもちを贈る」は読んでいて楽しくなる本です。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ここで誤字を見つけるのは運がいいのか悪いのか | トップページ | 杉浦さやかさん『きもちを贈る」は読んでいて楽しくなる本です。 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28