« 杉浦さやかさん『きもちを贈る」は読んでいて楽しくなる本です。 | トップページ | 20年越しの宿題 »

2022年11月28日 (月)

落語家さんに学ぶ情報発信

Img_5656

 

先週の金曜の夜、若手落語の会に行きました。

そこで知ったのですが、三遊亭遊七さん、ラジオトークをやっているんですね。

ラジオトーク、ポッドキャストみたいな音声サービスです。

たぶん、ポッドキャストよりも簡単に始められます。

 

遊七さんが凄いのは、毎日配信していることで、先日100日を超えたとのこと。

つまり毎日配信を3ヶ月以上続けているわけで、シンプルに、素晴らしいです。

そこで、自分の出る会のことも触れていて、思わず行きたくなります。

 

ラジオトーク、他にも滝亭信楽さんが使っていて、こちらは遊七さん以上にすごいです。

300回以上続けているようです。

 

ポッドキャストで毎週配信している落語家さん、

ツイッターの固定ツイートを利用して毎月の会を宣伝している落語家さん。

いろんな形で自分の会を宣伝でしています。

 

それだけ、情報発信する手段が増えたということですね。

フェイスブックを使っている人はいるのかな。

 

という状況を省みて、私自身の情報発信を思わず反省してしまいました。

 

私の情報発信ツールとしては、

このブログ、ツイッター、フェイスブック、スペース、

なんですが、担当本のことをあまり書いてない。

これは良くないなあ、と思います。

 

宣伝ばかりでは面白くないし、私自身がつまらないのですが、

現状は触れなさすぎ、という気がします。

 

もうちょっと効果的な使い方、宣伝の仕方を考えないとなあ。

たぶん、「本ができました」だけでなく、できるまでの状況も伝える。

これが大事な気がします。物語を伝える、というやつですかね。

落語家さんでいえば、会をやるまでの経緯も書く、みたいな感じでしょうか。

 

以前はこのブログでも、週1ペースで仕事の進捗を書いてました。

そういうのがもっと必要なのかも。

 

 

 

« 杉浦さやかさん『きもちを贈る」は読んでいて楽しくなる本です。 | トップページ | 20年越しの宿題 »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 杉浦さやかさん『きもちを贈る」は読んでいて楽しくなる本です。 | トップページ | 20年越しの宿題 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28