« 手紙をたくさん出す1年にしたいなあ。 | トップページ | ジェラール・フィリップ生誕100年映画祭を見に行った理由 »

2023年1月 9日 (月)

『時間最短化、成果最大化の法則』で印象的だったフレーズを書き出してみる。

81gv46bhlfl_ac_ul320_

 

昨年末に読んだんですが、勉強になったので書いておきます、

『時間最短化、成果最大化の法則』

 

ネット書店アマゾンで見かけたときに、面白いタイトルだなあと気になってました。

ちょっと長めのタイトルですし、途中に読点が入るのも珍しいように思いますが、

カバーで見てみると、かっこいい感じです。

 

読み始めると1ページ目からドキッとしますよ。

「最初の上司がどんな人だったか」

が、ビジネスパーソンとして成功するか否かを決めるらしいのです。

ドキッとしますよね。と同時に、確かに、という気になる。

 

仕事ができない上司についてしまうと、部下も仕事ができない。

しかし心配することはない。

本書で、できる人の思考アルゴリズムをインストールすればいいのだから。

というロジックなのです。

非常にみごとな前書きだと思います。

 

そして本文に入って最初に出てくるのが、「ピッパの法則」。

ピッと思いついたらパッとやる。

というものです。

歳を重ねると、フットワークが重くなる。

と最近痛感しているので、グッときました。

 

他にも、「10分以内に完了することは今すぐやる」

「成功したければ必ず10回やること」

「『めんどうくさい。チャンスだ! やろう』を口癖にする」

「商品をつくるのが仕事ではなく、お客様に〝伝わる”まで仕事」

「人は3週間続けると習慣になる」

「ほとんどの問題は1時間集中して考えれば、必ず答えが出る」

「お金持ちはふだんから、味方をつくりやすい生活をしている」

などなど、印象的なフレーズが次々に出てきます。

 

ということを、読後2週間ほどでだいぶ忘れてました。

人間の記憶力って、信用できないなあ。

(私の記憶力の問題?)

 

昨年11月の出版ですが、今朝見てみたらアマゾンの総合32位。

このタイミングで、どこかで紹介されたのでしょうかね。

 

« 手紙をたくさん出す1年にしたいなあ。 | トップページ | ジェラール・フィリップ生誕100年映画祭を見に行った理由 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手紙をたくさん出す1年にしたいなあ。 | トップページ | ジェラール・フィリップ生誕100年映画祭を見に行った理由 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29