« フリーアドレスの出版社という衝撃 | トップページ | 人からの情報はやっぱり大事。 »

2023年3月20日 (月)

桜井浩子さん『桜道』はウルトラマンシリーズファンが読むべき1冊!

Img_6336

桜井浩子さんの『桜道』を読みました。

桜井さんといえば、ウルトラQの江戸川由利子役であり、

ウルトラマンのフジアキコ役。

つまり、ウルトラシリーズの最初のヒロインです。

 

ウルトラQとウルトラマンの放送が1966年なので、

リアルタイムの記憶はあまりないのですが、再放送で見た記憶があります。

特にウルトラQは、2021年のNHKBSでの再放送を見ることができました。

ウルトラマンも、再放送してくれないかなあ。

 

2作品でヒロイン役の桜井さんの印象は、非常に強烈でした。

とても可愛らしいのです。

おじさんたちの中でひとり、きゃしゃな隊員。

 

その桜井さん、現在はウルトラシリーズのコーディネーターとして、

講演やイベントに往時のメンバーとともに出演されてます。

時には海外に行くことも。

 

本種は、コーディネーターとしてのご活躍がメインです。

アメリカでも、ウルトラQやウルトラマンは大人気なんですね。

改めてびっくりします。

 

庵野秀明氏や樋口真嗣氏といった、私の世代には「おお!」という人たちが、

ウルトラシリーズのスタッフをものすごくリスペクトしてるんですね。

サインをもらうために、宴会の途中で色紙を買いに行く樋口氏、

というエピソードがとても印象的。

 

ウルトラマンマックスに出演された時のお話も出てきます。

ウルトラマンマックスは、長谷部瞳さんと満島ひかりさんのダブルヒロイン。

彼女たちとのエピソードも描かれていて、とても興味深いです。

ちなみに長谷部さんとは、かつて『日経1年生!』の時にお会いしたことがあります。

自慢です。

 

ウルトラマンマックスに、実相寺氏の監督回がありまして、メトロン星人が出てきます。

そのメトロン星人のセリフは実相寺監督の遺言だたったんだ、

と読み解くところがありますが、これは、桜井さんだからこそ、だと思います・

 

ウルトラマンに巨大フジ隊員が登場する回がありまして、

シン・ウルトラマンでは長澤まさみさんが同じく巨大化します。

本書は巨大フジの話から始まり、長澤さんに「巨大女優の地位を長澤さんに譲り渡せる」

と喜ぶところで終わる。この構成もとても面白いです。

 

というわけで、ウルトラシリーズが好きな人には

(ということは私と同世代の男性のほとんどだと思うのですが)

とても面白い1冊だと思います。

 

あ、そうそう、私、桜井さんとは面識がないのですが、

ツイッター上でちょっとしたやり取りをさせていただき、

(担当させていただいた『教養としてのフランス映画220選』に反応してくださったのです)

その流れで、このご本、サイン入りでいただきました。

自慢です。

 

« フリーアドレスの出版社という衝撃 | トップページ | 人からの情報はやっぱり大事。 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フリーアドレスの出版社という衝撃 | トップページ | 人からの情報はやっぱり大事。 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29