« 一粒万倍日だったので | トップページ | ツイッターの投稿から妄想が広がる »

2023年3月23日 (木)

佐藤満春さん『スターにはなれませんでしたが』は共感する箇所多めの1冊でした。

Img_6352

 

佐藤満春さんの『スターにはなれませんでしたが』。

ようやく読めました。

発売直後、書店3軒ほど探したのですが見つからず、

ネット書店は売り切れ状態。

これは重版分が並ぶのを待つしかないなあ、ということで、

先日、重版分をやっと購入できました。

 

佐藤さん。数年前までは、失礼ながら存じ上げませんでした。

「オードリーのオールナイトニッポン」を聴くようになって、

その名をしばしば耳にするようになりました。

どうやら、オードリー若林さんの友達であり、

芸人であり、放送作家でもあり。

そのうち、テレビでも時々お見かけするようになり。

 

今年になってすぐぐらいかな、ネット書店アマゾンの上位100位に、

この本がランクインするようになりました。予約段階で、です。

「佐藤さんの本が出るんだ。いいタイトルだなあ」

と認識したものの、書店店頭で買えばいいやと思っていたら、

思っていた以上に売れていてなかなか買えなかった、

というのは上に書いた通りです。

 

放送作家として19本担当しているとのことで、

間違いなく大人気の放送作家ですが、

「いろいろ諦めた先に」この状態があった、

というのが、今の時代の気分に合っているといいましょうか、

「努力は必ず報われる」という昭和の常識とは異なる空気感を感じます。

 

「そのとき精一杯やれることをやったとしたら、

もうあとは運と縁があるところに自然に転がっていく」

というフレーズが終盤に出てきますが、

定年が近い私も完全に同意です。

努力を否定するわけではないのです。ここが大事なところだと思います。

でも、最終的には運と縁。ずっと編集者をやってきて、そう思う。

 

有名ではないけれど実は素敵なものがある、

好きなことを発信するのは躊躇なく

といったところにも、非常に共感します。

 

対談ページがところどころにあって、

オードリーのお二人はもちろんですが、

日向坂46の松田さんも入っていて、

その点でも「おお!」となったのでした。

 

 

« 一粒万倍日だったので | トップページ | ツイッターの投稿から妄想が広がる »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一粒万倍日だったので | トップページ | ツイッターの投稿から妄想が広がる »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29