« 2023年をごく簡単に振り返る。 | トップページ | 井上新八さんの『続ける思考』で継続の重要性を学ぶ。 »

2024年1月12日 (金)

米澤穂信さん『氷菓』の面白さにいまさらながら気づく

今年最初の投稿です。

昨年から、出社してからさささっと書くことが多く、

正月以降、自宅で書いてませんでした。

今週から職場に通ってますが、長い休み明けということでやることがいろいろあり、

気づいたら金曜に。びっくり。

 

それはさておき。

昨日、『氷菓』を読みました。

米澤穂信さんのデビュー作。

 

昨年末に米澤さんの『可燃物』を読んでみたら面白くてびっくり。

米澤さんの他の作品も読んでみよう、それならデビュー作でしょ、

ということで読んでみたわけです。

 

こちらも、とても面白い。

高校1年生が主人公で、彼の周辺で起きる「日常の謎」を解決する連作集、

と思って読んでいったら、途中から予想外の展開になります。

そんな話なのか!

 

「日常の謎」を解決する連作短編集は、かつて東京創元社からいろいろ出ていて、

私は好きでした。そういう1冊なんだなあ、と思っていたんですが。

 

手がかりだけで論理を展開していく構成、

解決したと思ったらさらにその先へ、という展開。

読みごたえがありました。

 

最後の最後、続きがあるような終わり方ですし、

著者の後書きも、続きがあるみたい。

第2作も読まなくちゃ。

 

現役編集者時代は、目先の企画や仕事のため、大人の事情で読む本が多かった。

定年退職した今も仕事は続けてますが、時間の余裕は間違いなく増えてますので、

気になった著者の本をあれこれ読んでみる、という今回のようなことを、

さらにやっていきたいと思います。

エルキュール・ポワロシリーズも読破したいんですよね。

 

米澤さんのご著書、何冊くらいあるのかしら。

« 2023年をごく簡単に振り返る。 | トップページ | 井上新八さんの『続ける思考』で継続の重要性を学ぶ。 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2023年をごく簡単に振り返る。 | トップページ | 井上新八さんの『続ける思考』で継続の重要性を学ぶ。 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31