« 米澤穂信さん『氷菓』の面白さにいまさらながら気づく | トップページ | 勉強することはいまだにあるけれど、私は元気です。 »

2024年1月17日 (水)

井上新八さんの『続ける思考』で継続の重要性を学ぶ。

祥伝社時代にお世話になったデザイナー、井上新八さんのご著書、

『続ける思考』。

ご出版されたというのは昨年終盤にネット情報で知ったのですが、

なかなか購入のタイミングがなく、今年になってようやく丸善丸の内本店さんで買いました。

 

井上さんは、主にビジネス書のブックデザインをたくさんなさっています。

あ、この本もそうなのね、というくらい、質量ともにすごいです。

(と私がいまさら言うまでもないんですが)

 

井上さんの趣味は、「継続」。

いろんなことを継続されてます。

毎日納豆を食べる、毎日ダンスの練習をする、毎日ジョギング、

というあたりで「うわっ」となりましたが、一番びっくりしたのは、

「毎日1冊本を読む」

これは真似したいけど、真似できないなあ。

せめて納豆食べる、かしら。

 

絶対に何でも続くすごい方法として、井上さんが大文字で書いているのが、

「毎日、やる!」

おお、そうか。そうだよね。と激しく納得しました。

 

私も現役時代、続けることができたことが少しだけありますが、毎日やっていたことだもんなあ。

 

他にも「小さなことを意識的にやる」

「集中した5分は決して短くない」

「ない時間は朝に作る」

「記録が継続を加速させる」

などなど、「お!」と思えるフレーズがいろいろ出てきます。

継続が趣味、とおっしゃるだけあって、非常に参考になります。

 

ところで。

井上さんが、毎朝、ものすごい数のルーティンをこなしている、

というご自身のnoteの投稿が、数年前に話題になりました。

2019年のことらしい。4年前かあ。

その時に、出版企画にならないかしらと思ったのですが、いい切り口が見つけられませんでした。

「やりたいこともやるべきことも全部できる」というフレーズが付いた「続ける思考」というタイトル。

こういう切り口ならよかったのか! と、その点でも勉強になりました。

続けたいのに続けられない人はたくさんいるわけで、

その人のための本にすればよかったんだ。

« 米澤穂信さん『氷菓』の面白さにいまさらながら気づく | トップページ | 勉強することはいまだにあるけれど、私は元気です。 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 米澤穂信さん『氷菓』の面白さにいまさらながら気づく | トップページ | 勉強することはいまだにあるけれど、私は元気です。 »

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31