最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2020年2月12日 (水)

「ヲタクに恋は難しい」は東宝ミュージカル映画の新星である

7c664784616a4d47b198821ecd4a4c173014c6dcff194dd2a2e114a3fabe6309


公開中の「ヲタクに恋は難しい」、試写で見ることができました。

かつて、「君も出世ができる」という東宝ミュージカル映画の金字塔がありましたが、本作も東宝ミュージカル映画の傑作と後に言われることになるのでは? と思います。かなり真面目に。

とにかく、唄い踊る高畑充希さんが可愛いのです。私、ファンでもなんでもないのですが(なので最近のドラマ「同期のサクラ」もきちんとは見てませんでした)、この作品の高畑さんはいいです。

ヲタクの生態などを私がよくわかってないので、こんなもんなのかなあ、もっと過激なんじゃないのかなあという思いや、あの役者さんはもっと出番があってもいいんじゃないの、という感想もありますが、高畑さんの存在で全てはチャラ。どのシーンも可愛いって、凄くないですか。高畑さんの卓上カレンダーってないのかな?

そういえば、高畑さんをコマーシャルに使ったことでケンタッキーフライドチキンの売り上げが増えたと聞きましたが(確認はとってません)、それも納得、であります。

あ、当日もらったパンフレットは、高畑さん演じる主人公が作ってコミケで売っている作品、という体裁で、実際に4ページの漫画が載ってました。芸が細かいなあ、東宝宣伝部。

2020年2月11日 (火)

神田松之丞最後の独演会

Fe90b4dc0f2d4391b049c24a9f0294f2

書籍の編集をしている以上、時代の空気を自分なりに感じることが必要だと思ってます。

なぜこれがヒットしてるんだろう。

それ以前に、こういうのがヒットしてるのね。

出版の世界のヒットはもちろんですが、世間のブームにも敏感でありたい。

というわけで、最近のブームと言って良いであろう人物、神田松之丞さんの独演会に昨夜、行ってきました。

実は松之丞さん、本日2月11日から真打ちとなり、神田伯山を襲名します。

ですので、昨日が神田松之丞としては最後の独演会だったわけです。

その最後のネタは「淀五郎」。

抜擢されて真打ちになるご本人の決意表明のような演目でした。素晴らしい。

彼がなぜここまで人気なのか、きちんとした分析はできてませんが、あの熱量のある高座が大人気、というのは納得であります。

生身の人間の熱演は、魅力的なんですよね。ライブは強い。

えんとつ町のプペル

9f512a9e5c99479dbdf44b458f860c78


先日、「えんとつ町のプペル」を見に行きました。

キングコング西野さんの絵本を舞台化したものです。

私、西野さんのオンラインサロンに入ってまして、いろいろ勉強になることが多いのですが、この舞台は純粋に面白く見ました。

今年の年末には映画化もされるようで(そちらはアニメ)それも楽しみ。

鹿児島のトンカツ屋に行った理由

E7c6e0b89dce4d3c809e5722f0018704

この週末、鹿児島に帰省してました。

写真は、その時に行ったトンカツ屋「六白」のヒレカツ定食。

実は鹿児島に行くと知って、知り合いのライターさんが教えてくれたのです、このお店。

そういうところにはササッと行く。

そういう習慣をつけたいし、そういう人だというイメージ付けたいんですよね。

迅速な行動が大事。と思うのです。

2020年2月 4日 (火)

ゴジラは強い。

1af2c44042884ec89fc29e3008613042


先日書いたOKRの、特にKRのことをモヤモヤと考えているのですが、それはまた改めて。

今日はブランドの話。

といっても大層な話ではないんですけどね。

日比谷にゴジラ像がありまして、いま、赤い布を持たされてます。

これ、堂本光一さんの舞台の宣伝の一環らしいです。

こういうのを持っていても、ゴジラというブランドが強烈だから、依然としてかっこいい。

ブランドになったら、強いなあ。と思ったのでした。

ご当地キティちゃんも、同じですね。

書籍出版の場合はなかなかそういうキャラクターがいませんが。

あ、でも弊社の場合、のんたというクマのキャラクターがいるんだったわ。

2020年2月 1日 (土)

目標値が現実的すきるとかえって良くないこともある。

E14ed425c8f4493eb6ce47bdeaadb0ab


神田昌典氏の講演会に参加して目標10倍と言われた件は先日書きましたが、目標値に関して、自ら体験した話を。

昨年は毎月50万歩歩くことを目標にしてました。

1日平均1万6千歩。

これ、意外に大変です。

少しでもサボると、翌日は2万歩歩くことになります。

そんなわけで今年は45万歩を目標にしました。

1日1万6千歩だったのが、1日1万5千歩。

こりゃ楽だわ、と思っていたら、今月は45万歩どころか、40万歩がギリギリでした。

目標、現実的すぎるとかえって達成できなくなる。

という話です。

気を付けようっと。

1月を数字で振り返る

4db6047e9c6a4ae6820435144e5d8592

お。今年は1月31日が金曜、今日2月1日が土曜なので、珍しく、1月を振り返ってみます。

本当はきちんと毎月頭に前月の反省をすべきなんですが、切れ目なく新しい月になると、なかなかその時間が取れないわけで。

週末に、その週の反省はしてるんですが。そしてノートに書いてはいるんですが、月単位ではやれてない。

今回はちょうど週末なので、やれます。というか、やります。

目標はできるだけ数値化するようにしてまして、

企画のタネは50本しか出来ず(目標60本)。

ハガキは1枚も書けず(目標は20枚)。

6時起きは15回(目標は8回。これはクリア)。

映画は6本なので、これも目標クリア。

読書数も、目標値をクリア。

ブログは19本。土日にまとめ書きしてるんでしょうか、思っていたより書いてます。

地味にショックなのは、月初よりも体重が増えてること。

・・・こうしてみると、せっかく新しい習慣になりそうだったハガキを書く件、残念です。新しい気持ちでやり直すしかないですね。

編集部チームとしての目標もありますが、さすがに生々しいのでここでは省きます。

まだまだ無駄な時間が多いので、今月はその撲滅月間としたいです。

写真は本文と全く関係なく、神保町の共栄堂の、焼きリンゴです。


2020年1月30日 (木)

美崎さんの行動力

うう。また更新が止まってました。

ここのところ、単行本の編集があれこれありまして。

その単行本、タイトルは『キャッシュレス生活、1年やってみた』。

美崎栄一郎さんの新刊です。

この本のことは改めて書くつもりですが、感動したのは、美崎さんの行動力。

新刊発売に合わせて同じタイトルのメールマガジンを発刊しました。

まぐまぐのサイトで「美崎栄一郎」と検索すると出てきます。

キャッシュレス生活に特化したサイトも作っているとのことですし、美崎さんのファンの人が幹事となって、沖縄で講演会もなさるとのこと。

全ては本のため。

私ももっと行動しなくて。と強く思いました。

2020年1月19日 (日)

期待していたあの映画がなぜ今ひとつだったのか?

E759e5983872454bb525da789a25a29e


仕事が一段落しましたので、見てなかった正月映画をガシガシ見よう。

というわけで、「アナと雪の女王2」を見てきました。

面白かったです。

面白かったんですが、正直、今ひとつでした。

脚本が悪いのかしら。

もうひとつ。ヒロインの独唱という見せ所がかなり最初に出てくるのですよ。

ドラマのピークと感情のピークがずれてる、ということではないか、と。

このずれ、本作りでも気をつけないと。

【神保町界隈ランチ事情】きたかた食堂

E808ebb6ce9243199785226f9ca23827


先週は、やたらデスクワーク多めでした。

こういう時は食べることくらいしか楽しみがないわけでして。

そんなわけで、ついふらふらとラーメン屋さんに入ってしまいました。きたかた食堂。

靖国通り沿いにあり、以前から気にはなっていたのですよ。

いただいたのは、肉そば。4種類の中から3種類の肉を選べるという趣向。喜多方ラーメンって麺が太いんですね。かなり美味しいなあ。と思いながらいただきました。

肉丼もあるようなので、それは次回に。また仕事が慌しくなったら伺います。

より以前の記事一覧