ただいま編集中

2020年5月14日 (木)

本のタイトルを考えるシンプルな方法

Img_0117

 

このブログ、以前は仕事の状況を週1ペースで書いてました。

本づくりの実況中継みたいな感じで。

ちょうど今、新しい文庫の編集が始まってますので、

その本づくりの様子をこのブログに書いていこうと思います。

 

昨日は、その文庫の、タイトルについて考えてました。

 

あ、今回は他社さんの単行本を文庫サイズにするというものです。

単行本の時のタイトルをそのまま使う、ということもあるのですが、

今回は著者さんと相談の上で、変更することに。

 

タイトルは最終的に、編集部・販売部・社長が参加する

タイトル会議で決定します。

(その後、著者さんのOKをいただいて正式決定)

 

で、どんなタイトルにするか。

初心に戻って100本、候補を考えることにしました。

 

新人の頃はとにかく100本考えて、そこから選んでいたのですが、

ある程度ベテランになってくると、

そこまで考えなくても、まあ、なんとかなるのです。

しかし、今回、実はタイトル会議までの時間があまりない。

時間がないからこそ、集中して100本考えようと思ったのです。

 

100本考えることの利点は、

いろんな角度からタイトルの可能性を考えるという点。

 

数を出す必要があるので、様々な視点から考えざるを得ません。

読者目線を逆に上から目線にしたり、

否定形にしてみたり、女性視点、子供の視点で考えたり。

呼びかけ調にしたり命令口調だったり、わざと長めにしたり単語1個にしたり。

かなり強引にいろんなパターンを考えないと、

100個出てきません。

で、かなり強引にいろんなパターンを考えているうちに、

「あ、こういうのもある」

とぽろっと出てきたりするわけです。

 

というわけで、昨日は初心に戻って、

タイトル候補を考えてました。

さてさて。最終的にどんなタイトルになるのか。

会議は今日です。

 

写真は、100本考えているときに飲み食いしたあれこれです。

2019年12月16日 (月)

今週のお仕事

F8c0b3ffd6ce4f31bcae0762733026ca


仕事の進捗状況のご報告です。

私、ノンフィクション全体のマネジメントをしつつノンフィクションの文庫の編集をしてるわけですが、

次回の文庫は2月発売であります。

そんなわけで少しのんびりしていたのですが、文庫にするつもりの他社本を新書にしよう、ということになりまして、別の本を文庫にしなくては。と急にバタバタしております。

マネジメントとしては、ノンフィクション内のそれぞれの編集部(3つあるのですよ)が予定通りの点数を出してるかどうか、部数はどうか、今週ちょっとチェックしてみようと思ってます。お、なんかそれっぽい。

というわけで、年末ですがあまり年末感のない毎日です。

セブンイレブンのキリマンジャロコーヒーを飲みながら、頑張ります。

2019年10月 7日 (月)

今週のお仕事

先週木曜に文庫新刊の見本本ができまして、今週金曜ごろから書店さんに並びます。

いつもだと、この時期が一番のんびりできるのですが、発売日が20日ほどずれている単行本がぼちぼち忙しくなってます。

今回、その単行本には図版がかなりたくさん入るのですが、これをデザイン会社にお願いするのが数日遅れてしまい、その分、デザイン会社さんにかなり無理をお願いしています。申し訳ないです。

そして、それらとは別に、他社さんの読まねばならない本がちょっと溜まってます。

他社さんの本で文庫にできそうなものを見つけてきて(あるいは著者さんからご提案いただき。ありがたいこたです)実際に弊社で文庫にできるか、読んでいるのですが、これがなかなか時間がかかります。

という感じの毎日でありますよ。

2019年10月 2日 (水)

見本本ができました。しみじみ

Fe5bdccabb5e416bb95b969d471bcd0d


今回の担当新刊4点、その見本本が編集部に届きました。

それぞれの紹介は改めて書きたいと思ってますが、いやあ、今回はなかなかヒリヒリする日々でした。

かなりギリギリの状態で、

「著者名のローマ字表記が間違っている文庫」

「帯に入れている新刊情報に間違いのある文庫」

「背幅を間違えている文庫」

が見つかり、大慌てでデザイナーさんに連絡、それぞれ事なきを得ました。

4冊同時だとこういうこともあるなあ。まあ、事前に気づいてよかったよ。

と思っていたわけですが、さらにその数日後、もっと大きなトラブルが控えているとは想像もしていないのでした・・・。

(明日に続く。たぶん)


2019年9月17日 (火)

今週のお仕事

今週来週と三連休なので、平日は4日ずつ。これはなかなか痺れる日程です。

特に今週来週は、文庫の編集作業の大詰めなので。

というわけで、今日は文庫の中の一冊を印刷所さんに渡すため、ガリガリと作業をしてました。何とか間に合ってよかったです。

明日、残り3冊を印刷所さんに渡さなくては。

著者校をいただくため、今朝は東京駅にて著者さんと打ち合わせ、その後出社したのでした。

2019年8月27日 (火)

今週のお仕事

毎週月曜は、今の仕事の状況を書いておきます。

ほとんど、自分のための備忘録ですけどね。

今週金曜から来週火曜まで夏休みをとるので、事務的なあれこれをやっておかないとまずいです。

具体的には経理の書類作り。

そして、10月発売の文庫の仕事を始める。

さらに、11月以降の文庫の仕事ラインナップをぼんやりと考え始める。

お。あれこれあるぞ。

写真は本文と一切関係なく、会社近くのホテルグランドパレスのオレンジケーキ。私の中では、手土産の定番です。

2dceb74f3ffe4453ae3ed9cdc1791c47

2019年7月29日 (月)

今週のお仕事

06f83797477b43cb8e7df9503d6b4cdc


先週、新書の見本本ができました。

今週、文庫の見本本ができる予定です。

というわけで、今週は、わりにのんびりできるはずですが、こんな時こそ新企画ですよ。

著者さんにお会いして、これから出す本の打ち合わせをしなくては。

というわけで、今日の午前中は新書の見本本を著者の河合敦先生に渡しに行きまして、その場で次回作の打ち合わせ。来年早々には形になるのではないかしら。

午後は、別の著者さんの打ち合わせ。

他社本を弊社で文庫にさせていただくことになったので、その打ち合わせです。

そして、単行本の新企画の打ち合わせも。何しろ、お時間をいただいて打ち合わせ、という機会がなかなか取れない方なのです。出張などが多くて。

私がやっていただきたい企画、著者さんが出したい企画、ふたつありまして、どっちを先にやっていただいたらいいのかなあと思っていたのですが、うまくやりくりすればほぼ同時に進めることができますよね。ということになりまして。

うまくいくと、2冊とも来年に出せるかも。と思ったのでした。

というか、うまくいくように進めなくては。


写真は、先日、星乃珈琲店でいただいたお菓子です。


2019年7月17日 (水)

今週のお仕事

44f1c5ec18904a8fbc43457c8571c7eb


仕事の進捗状況です。

昨日書こうと思ったのですが、昨日は帰る間際になって大きなミスに気づき、その対応に追われてました。


いま、新書の編集をしてまして、その大詰めなのですが。

昨日は全体で何ページになるか、という確認とともに、目次の最終チェックをしたのですが、1章の始まりが2ページずれている、ということに、帰る間際になって気づきました。


この新書、本文が始まる前に図版を入れるのですが、その図版のページ数を私が勘違いしていたらしく、図版と目次の後に来る1章の始まりが2ページ、多くなっていたのです。


これはつまり、それ以降のページがすべてずれるということを意味してまして、
デザイナーさんが作ってくれた目次、全面的に修正、ということになったのです。

気づいた瞬間、ぐわあ、となりました。
やり直しですから。

まあ、この段階で気づいたのが不幸中の幸い、ではあるのですが。
これ、1日ずれていたら(説明は省きますが)もっと面倒なことになってました。


昨日気づいたのが、本当にぎりぎりのタイミングでした。
もちろん、そもそもそんな初歩的なミスをするな、という話ですが。

ミスをした理由ははっきりしてまして、図版と目次部分が本文よりも後にできるということで、白ページで作業を進めていたのです。

その際に、何ページから何ページまでは図版、何ページから何ページまでは目次、というメモをきちんと作っておけば、何の問題もなかったのです(これを台割と言います)。


文庫の経験が長いものですから、台割を作らないままに作業をすることがあるのです。文庫の場合はそれでもあまり問題はないのですが、今回は見事にしくじりました。


台割を作るなんて、基本中の基本。
そういう当たり前のことをバカにしないでちゃんとやる。
それができてなかったのです。
反省してます。

そして明日からは、文庫の編集です。
スケジュール的に、いきなり大詰めです。
こっちは、きちんと台割を作ろうっと。


写真は、仕事のあれこれを忘れさせてくれる(忘れちゃダメだろ)セブンイレブンのアイスクリーム。明日も食べる。

2019年7月 2日 (火)

お仕事の状況

毎週月曜日は、仕事の状況を書くことにします。

今は、文庫のお仕事が一段落してまして、かなりのんびりしてます。

明後日ごろ見本本が編集部に届きますが、それまでは、文庫のお仕事は特にないわけで。こまごましたことはありますけどね。

一方、今回は新書も担当してまして、そちらのお仕事を今週やっておく必要があります。写真探しとか。

で、来週からは新しい文庫のお仕事が忙しくなるわけで。

ん? 切れ目がない、、、

ま、仕事があるのはありがとうことであります。

その合間を縫って映画にいくのも、また楽し。

2019年6月24日 (月)

仕事の進捗

毎週月曜は、仕事の状況のご報告。

先週今週と、文庫の編集作業をあれこれやります、やってます。

明日には、7月発売の文庫のあれこれを印刷所さんに渡さないと、たぶん大変なことになります。


で、無事に渡したら、今度は7月に出る新書のお仕事。ちょっと遅れ気味なので、明日から頑張らないと。


先週今週と、ほぼ連日、夜の予定が入ってます。

同業者と晩御飯を食べたり、落語会を聞きに行ったり。要するに、残業ができない。

まあ、そんな中、なんとかやりくりするつもりです。


より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31