最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

仕事のヒント

2018年7月21日 (土)

コード・ブルーから強引に自分の仕事の話へ(ネタバレかも)







ブログを10日ほど更新してなかったので、
大事なことを書くの、忘れてました。

行ってきました、「コード・ブルー」の試写会。

私、テレビドラマ版は全く見たことがないのですが、それでも面白くみることができました。

新垣結衣さんが凛々しい。戸田恵梨香さんが可愛い。比嘉愛未さんが美しい。

実はこの作品、冒頭にテレビシリーズの回想シーンが入っています。
かなりエモーショナルな感じで。

見ながら「いやいや、こんなシーンなくてもわかるよ」と思っていたのですが、甘かったです。

実はこの冒頭の回想シーン、終盤の伏線でした。

と思わせぶりに書くのは嫌なんですが、
詳しく書くとネタバレになるし。

ええっとですね、ある人のことを終盤、皆が思い出すのですが、
冒頭の回想シーンがないと、テレビシリーズを見ていない人(私)は誰のこと? となっていたでしょう。
(ううむ。ネタバレか……)

このシーン、テレビシリーズを見てた人はたぶん号泣シーンだと思います。
(やはり、ネタバレか……)

小説の巻数物で、「これまでのあらすじ』を巻頭に置くことがありますが
(私、以前は文庫で小説を担当してましたので)
伏線になっているようなあらすじが書けたら面白いなあ、と思ったのでした。
(と、編集の仕事に強引に結びつける)

で、要するに何がいいたいかというと、
新垣結衣さんは凛々しい。

2018年7月20日 (金)

初心に戻って

諸般の事情で、
編集部SNS(ツイッターとフェイスブック)、
そして編集部メールマガジンを、私が担当することになりました。

これ、以前は私がやっていたのですが、
後輩ができたので後輩にぶん投げていました。

そして、久しぶりに私が再び担当することに。

というわけで、昨日今日と編集部のフェイスブックを更新したのですが、
これって習慣化ですね。

たぶん、平日毎日更新する、と決めたら、
それを前提にネタを探すだろうなあ、と思います。

というわけで、当面、編集部のフェイスブックとツイッターは、
平日毎朝更新します。

当面、というのがポイントですけどね。

【本日のAmazon】
・『曜ナイトドラマ「おっさんずラブ」公式ブック』また1位に。


早起きほ三文の徳。にしたい






今朝は月に一度の朝会でした。
今月から、西武新宿駅すぐそばの会場です。

7時スタートなので、起きたのは朝5時。

正直なところ、今月は休もうかな、という気持ちもありました。
文庫の編集作業がかなりギリギリで、朝5時に起きるのなら文庫の仕事をやった方がいい。

そう思ったのですが、上記のように、今月から新会場。
せっかくならばそこに行ってみたい。

というわけで、行っわけですが、行ってよかったです。

隣に座っている人から、出版の企画になりそうな人を教えてもらったのですから。
とりあえず、その人の本を読んであれこれ考えてみます。

そういえば、今日、販促のために会社まで著者さんに来ていただいた新刊。これは某講演会に参加した時に知り合いの著者さんと会場でばったり遭遇し、その講演会で講師が軽く触れたテーマを掘り下げてみましょうか、というのがそもそものスタートだったのです。

ある程度のクオリティの講演会や朝会、
参加すると何かしらの「いいこと」があるんだなあ。
しみじみ。

2018年7月11日 (水)

やれること100連発




先日参加したひすいこたろうさんのイベントで、ひすいさんがおっしゃっていた話。

日本一の売り上げのパチンコ店に、ひすいさんが取材に行ったことがあるそうです。
店長に、「日本一の秘密はなんですか」とひすいさんが尋ねたら、その答えは、
「お金をかけずに今すぐできることを100個やっただけです」

これ、なんだか示唆に富んでる気がします。
本をたくさん売りたかったら、あれこれ嘆いたり難しいことを言ったりするのではなく、とにかく、お金をかけずに今すぐできることを100個やってみなくては。

これ、本当は本が出来上がる前に準備すべきなんでしょうが、明日あたりから書店に並ぶひすいさんの文庫新刊『犬のうんちを踏んでも感動する人の考え方』でできること100個、エクセルかワードに書き出してみます。途中で息切れするかも、ですが。

【本日のアマゾン】
・『手っ取り早く英語が話せる』端的なタイトルだなあ。

2018年7月 8日 (日)

SNS効果で本が売れた事例発表




昨夜は市ヶ谷で「SNS効果で本が売れた事例発表会」というセミナーに参加してました。
こういうセミナーに参加しては、自社で真似できることはないかしら、と思ってます。会社の状況とか人数とか、それぞれバラバラですから、そっくりそのまま真似はできません。
今回は文字通り事例発表で、さまざまな事例が出てきましたが、印象的だったのは
「会社のアカウントではバズらない」
「多くの人が話題にするリツイートに合わせてツイートすることで、第三者にツイーを見てもらえる可能性が高まる」
『ネットではスピードが大事」
「リツイートされるためには『プラスアルファ』『熱意』『伝えたいと思わせる一手』が必要」
といったフレーズ。
とりあえず、グーグルトレンドとツイッタートレンド、アマゾン人気度ランキングも見なくては。

【本日のアマゾン】
・『リアルサイズ古生物図鑑』一位。まさにバズった本。

2018年6月19日 (火)

日経に広告を出したので




今朝6月19日の日本経済新聞に、自社本の広告を載せました。
私の担当本も、左に小さくですが、載ってます。
これに合わせて、ネット書店アマゾンの紹介文を少し変えました。
本が出てから今までの、アマゾンでの売れ行きとか、書評メルマガで紹介されたこととか。それらを加えたのです。
要は、新聞を見てこの本に興味を持ってくださった方が、アマゾンで検索した際に「買いたい」と思える情報を加えたわけです。
正直のところ、この作業にどれだけの効果があるか全くわかりませんが、やらないよりはやった方がいいだろうと。お金を取られるわけでもないですし。
今回はたまたま新聞宣伝というきっかけがありましたが、他の本もこまめに紹介文に加筆すべきだよなあ。
と思ったのでした。なかなかできませんが。

2018年6月13日 (水)

時事通信フォトはすごいです。




今回の投稿は、専ら自分への備忘録として、なのですが。
時事通信フォト、凄いです。
今回編集している本に、ここ数年のニュース写真を入れる必要がありまして、調べてみたのですが、時事通信社は驚異的なスピードでした。
時事通信社のサイトで写真を調べ、必要のものをクリックして必要なことを書き込んだら、10分でデータが送られてきたのです。
ギリギリの進行の身には、大変にありがたいです。
覚えておかなくちゃ。
(もっとゆとりのあるスケジュールにしろよ。という話なんですけどね)

2018年6月 3日 (日)

captioというアプリは凄い




成毛眞さんの本に紹介されていたアプリ「captio」。
240円するんですが、極めて便利。
メモや写真を、指定しておいたメールアドレス(私だったら会社パソコンのメルアド)にスパッと送るといもの。
それならメモでもできます、という話なんですが、メモだとメールするのに一手間かかります。このアプリだとサクッと送れる。シンプルですが、シンプル故に使いやすいのです。
というわけで、思いついた企画ややらなくちゃいけないことなどなど、このアプリに書いては、送信してます。

なぜこの企画を思いつかなかったのか、「おっさんずラブ公式ブック」




ネットを見てると、景気のよい他社さん情報やヒットメーカー編集者の活躍が目について、げんなりします。特に最近。
それが、ブログ更新が滞っていた一因かも。
そういう記事を見たら「自分もがんばろ」と思えばいいんですが、人間ができてないもので。
今日も、ショックな情報を知ってしまいました。
「おっさんずラブ」
このドラマが評判がよいこと、それこそネット情報で知ってましたが、公式ブックを作るという発想は出てきませんでした。
で、文藝春秋から出るそうです。
放送は終わってますが、1ヶ月あとの7月発売とのこと。
ううむ。
この企画が私からも、我が編集部からも出なかったのは非常に残念です。
企画のヒントが見えていたわけですから。
もっと発想を柔らかくしなくては。
もっと情報を集めなくては。

2018年5月 5日 (土)

不調だと思った時は




フェイスブックを見てると、「お!」と思う記事をしばしば目にします。
面白い記事を私の「友達」がシェアしてくれてるので、面白い記事を目にする機会が多いのだと思います。

私の「友達」ということで、私と考えの近い人が多く、必然的に私が嫌いな記事はあまりシェアされてないんだろうなあ、という点は留意すべきと思いますが。

それはともかく。
先日、フェイスブックで見つけた、将棋の羽生善治さんの言葉。
ちょっと長いですがそのままコピペします。

勝負の世界に生きてきて、運、ツキ、流れ、バイオリズムというものはあるんじゃないかと思うようになりました。科学的には証明されていませんけど。ギャンブル、占い…運は人を魅了します。しかし、うまくいっていない時は運か実力なのかを見極めなくてはなりません。不調も3年続けば実力という言葉もあります。不調だと思った時は服装を変える、髪形を変える、早起きしてみるという小さな変化のアクセントが乗り越えることにつながったりします。

私、最近不調なのです。
私も、私の職場も、大ヒットが出せてません。
こんな時は、小さな変化のアクセントが大事、なんですね。
今日、靴やワイシャツを買ったので、まずは服装を変えることからやってみますかね。次は早起きかなあ。

あ。
写真は本文とあまり関係なく、先日行った神田明神です。

より以前の記事一覧