最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

仕事のヒント

2017年9月19日 (火)

こ、このタイトルは!

このブログは基本的に他社さんの悪口を書かないようにしてますが(ええと、そうなってますよね)、ですから今回も、悪口ではないんですよ。

文脈上、それっぽいことを書きますけどね。

日曜の朝、新聞に載っていた某社の新刊タイトルを見てびっくりしました。

「つらいから、会社やめます」が 言えないあなたへ

これ、下記のタイトルに似てません?

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

私はかなり似てる気がするんですけど、
どうですかね?
似てないかなあ。
下のタイトルは、今年の4月に出た本でして、
かなり売れてます。

出版業界、似ているタイトル本がしばしば出てきます。
個人的にはパクリ本は作りたくないし、
弊社は伝統的にそういうことはしないようです。
(結果的に似たタイトルの本をだすことはあるかも、ですが)

そしてその延長上として、
他社さんの売れ筋とか売れてる作家さんの研究を、
弊社としても個人としてもあまりやってないのですが、研究する必要があるのではないか、と思うのですよ、最近。

パクリ本をやるつもりはないですが、
売れてる本を研究することは必要なはずです。
そういうのが、これまでできてなかったなあ。
と思うのです。

2017年9月17日 (日)

他社さんの話を聞くのは勉強になる

前回のブログに書いた通り、金曜の夜は他社の編集者さんたちと食事会でした。その中に編集長さんがいらっしゃったので、企画会議の進め方などをお聞きしました。
当たり前と言えば当たり前なんですが、弊社の会議とはいろいろ違いました。例えば、

・会議は毎週。毎回、企画を出さなくてもよい。
・その会議の後、販売部にプレゼンして、そこで通れば正式にGOとなる。
・企画会議の段階で、結構詳細な企画書を出してもらう。

弊社の場合は、月に二回。
企画書は、会議に通ってから書きます。
まあ、それにはそれなりの理由もあるわけで、
他社さんのやり方をすぐに真似しようとは思ってないですが、他社のやり方を知っておくこと自体は、必要なことだと思ってます。

自社の伝統だから、という理由でこれまで通りのやり方を続けるのと、他社のやり方を知った上でそれでもこれまで通りのやり方を続けるのは、結果は同じですが、でも違うと思うんですよね。

こういう深い話ができて、本当にありがたかったのです。
もっとも、こちらが先方のやり方を聞くばかりで、先方にとっては得るところ、なかっただろうなあ。

2017年9月13日 (水)

野呂エイシロウさんのぐさっと来た言葉




放送作家にして戦略的PRコンサルタントの野呂エイシロウさん。
以前、『ネクタイを毎月3本買う人はなぜスゴイ仕事ができるのか』で
お世話になりました。
最近は専ら、フェイスブックやブログを拝読しております。
(後輩が現在、新企画を進めています)

最近も野呂さんのブログを読んでいて、ぐさっと来たフレーズがありました。
これ、実は昔、野呂さんご本人が先輩に言われてぐさっと来た言葉、らしいので
すが。

「お前、残業する前提で、本業を手を抜いて仕事しているだろう」
「就業時間にめいいっぱい仕事したら、もうクタクタで産業するエネルギーがないはずだ」
「残業すればいい、徹夜すればいい、と思って手を抜いて仕事しているだろう」

これ、まさに今の私に向けての言葉ではないですか。
本日も午後9時を回ってます。
明日こそは残業をしないですむように、
朝イチから全開で行きたいと思います。

写真は、職場のおやつ、うさぎやのどら焼きです。

【本日のアマゾン】
・『志麻さんのプレミアムな作りおき』気になる。

2017年9月10日 (日)

スピードスピードスピード

先日、同業他社の人たちと喋る機会がありまして。

最近すごく売れてる新書の版元の、マーケティング担当の人がいたのでその秘密を聞いたら、表紙カバーを早めに作り、書店営業担当の人たちにそれを持って回ってもらった、とのこと。
書店の人たちの反応がよくて、実際に店頭に並んだらよく売れたので、そこから一気に重版したそうです。

別の版元の編集者さんと喋っていたら、来年の本の件で、来週、デザイナーさんと打ち合わせ、とのこと。
なんでそんなに早いんですか! と驚愕したのですが、本文にイラストが入るのでそのサイズなどを早めに決めるため、とのこと。
それにしても、早い。

弊社の場合、表紙カバー作成やデザイナーさん打ち合わせ、かなりギリギリの段階でやってます(弊社しゃなくて私個人の問題だったりして)。
見直さなくては。

もっと早く。
スピード重視。
他社さんの話を聞いて、改めて強く思ったのでした。

2017年9月 3日 (日)

企画会議が始まる前に

先日、他社の編集者さんと会食でした。
(私は依然、禁酒中ですが)

他社さんの仕事のやり方を
いろいろお聞きしたのですが、
弊社とかなり異なるのは
企画会議の事前準備。

その会社では、
企画会議の前に(1日前?)
会議参加者がそれぞれ、
企画のプレゼン資料を作ります。
これ、フォーマットが決まってるのだそうです。

そして、これを会議参加者が全員共有するのだそうで。
確かに、時間の節約になりそう。

ただ、会議前に企画書を提出、
というのは
参加者の負担が増えすぎるのではないかなあ。
とも思うわけで。
悩んでます。

会議の結果、その企画がボツになったら、
企画書を作った時間がもったいない。
とも思うわけで。

絶対に通す企画だけ提出する。
ということになればいいのですが。


【本日のアマゾン】
・『カエルの楽園』売れてるなあ。

2017年8月29日 (火)

ビデオチャットで打ち合わせ




今日は初めてのことをしました。
アメリカ在住の著者さんと、
フェイスブックのビデオチャットで
打ち合わせをしたのです。
テレビ電話みたいなものですが、
これ、互いの電話番号がわからなくても
フェイスブックに入ってればできるという
優れものです。

著者さんからの提案でやってみたのですが
こんなに簡単、かつスムーズにできるとは。

アメリカにいる人とすら
こんなに簡単にできるんですから
日本国内だったら、楽勝だと思います。

初めての著者さんでは無理かも、
ですが、簡単な打ち合わせなら
お互い、自宅からでもできますね。

打ち合わせの可能性が
一気に広がった気がします。

ん?
普通の企業だったら
当たり前なんですかね、
ビデオチャットでの打ち合わせ。

Twitter最強説byマクドナルド




今週の日経ビジネスを読んでいたら、V字回復をしているマクドナルドの特集をしていました。
その中で、マーケティング本部長の発言が興味深かったです。
マクドナルドが注目しているSNSは、Twitterなんだそうです。情報が大量に拡散する可能性があるのは唯一、Twitterとのこと。
もちろん、マクドナルドの顧客層とTwitterのヘビーユーザー層が一致している、ということも重要なんでしょう。
それはそれとして、Twitterの有用性を改めて感じたのでした。
とりあえず、つぶやかないと始まらない。

2017年8月26日 (土)

ライブの生配信を映画館で見るということ




会社帰りに、千葉県の映画館にいってました。
タイタンシネマライブを見るためです。
タイタンというのは爆笑問題が所属している事務所ですが、そこの芸人さんたちの銀座でのライブを、全国各地の映画館で生中継するというもの。
これだと、ライブ会場がどんなに小さくても、お客さんは関係なく増えせますからね。とてもいいアイデアだなあと思います。もちろん、ある程度の集客が見込めなかったら、映画館の借り賃(みたいなものがあるんじゃないですかね)の分、赤字になりますが。
たとえば弊社の会議室で著者さんに講演会をしていただき、それを有料で生配信するとか。ううむ。やはり問題は集客か。

【本日のアマゾン】
・『答えのない世界を生きる』70位。

2017年8月21日 (月)

私のハインリッヒの法則日記




このブログに何度か書いてますが、ハインリッヒの法則というのがあります。
1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在する、というものです。

最近、この軽微な事故が多いのです。
カメラマンさんの名前を間違ってカバーに印刷してしまった、という重大事故もありましたが。

そういうわけで、自戒を込めて、もうやらないぞ、という思いを込めて、軽微な事故が起きたらそのことをブログに書こうと思います。
それはつまり、今日も軽微な事故が起きたということなんですが。

今日の午前中、カバーデザインのやり取りをデザイナーさんとしてました。
何度かやり取りを繰り返してまして、最後の最後。念のためのつもりでカバーの文章を読み直したら、細かい間違いがポロポロ出てきました。
全て、私の文章作成時のミスです。
すみません、すみません、と言いながら、修正をお伝えしました。

いえ、ここまでは、まあ、いいのです。よくはないけど事故とまでは言いにくい。
問題はこの後。
上記の誤字をデザイナーさんが全て修正してくださって、ああ、これでおしまい、印刷所さんにデータを渡そう。と思った時に、違和感が。

あれ。
この本、サブタイトルがあったはずだけど、カバーにないぞ。なんで?
著者さんへのメールを確認しましたが、確かにサブタイトルを伝えてます。

これは、と思ってデザイナーさんとの最初の打ち合わせの時にお渡ししたメモを見てみたら、そこにはサブタイトルが抜けている!

つまり、このメモを作成した私のミスです。

誤字は、修正すれば済みますが、今までなかったサブタイトルをカバーに入れるということは、デザインそのものを見直すことになるわけで。
そういうとんでもないことを、印刷所さんにデータを渡す直前、つまりデザイナーさんからしてみれば作業のほぼ終了時に、新規に頼んでしまったわけです。

とんでもないミスです、これ。

印刷所さんにデータを渡してから、でなかったのが不幸中の幸いですが、本当にダメだわ、こんなことをしていては。

というのが、本日の軽微な事故です。

これ、シリーズ化したくないなあ。

写真は本文と全く関係ない、本日のランチ。後楽園飯店の麻婆豆腐です。

2017年8月12日 (土)

リアル書店がしかけたヒット『百歳まで歩く』




最近、新聞宣伝でしばしば目にする
『百歳まで歩く』
幻冬舎文庫です。
売れている新刊なので
宣伝にも力が入っているんだな。
と思っていたのですが、
そして実際に売れているのですが、
私の認識、微妙に間違っていました。

この本、新刊ではないのですね。
2007年11月、
つまり9年前の文庫なのです。

現在、文庫として9万1000部
という大きな数字ですが、
今年になってから6万部の重版。
つまり、今年になってから
火がついたわけですが、
これには理由があります。

大阪の高坂書店鶴橋駅前店さんが
今年1月から大々的に展開したら
500冊近く売れる大ヒット。
それを知った幻冬舎が全国に展開することを決め、
新聞宣伝も積極的に行い、
その結果の大重版に。

ということを、
業界紙「新文化』で知りました。

こういうのを見ると、
文庫はまだまだ可能性があるぞ。
と思う一方で、
書店さんに気づいてもらえる
良い文庫を作らなくては。
と改めて思うのです。

ともあれ、
リアル書店さんが仕掛けた文庫のヒット。
嬉しい話だなあ。

【本日のAmazon】
・『いのち愛しむ、人生キッチン』これは昨夜のNHK効果だ。

より以前の記事一覧